読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学を中退した22歳が意識変革で月収55万稼げたブログ

大学を突然中退して、ニートになった僕が営業でトップセールマンになった秘訣やそこで学んだこと 起業家の方々との関わりで学んでることビジネスオーナーに教わってる人生を変える方法や、日々の気づき学びをお伝えしてます

販売時に勘違いしがちなあることとは?

どうも、やまとんです。

 

僕は何か商品やサービスを販売するときに

デメリットもお客様に伝えるようにと

営業を教えるときにいっているんですが、

 

「それだと商品の価値が下がって売れないんじゃないですか?」

とか、

デメリットを伝えて、購入しそうなお客さんが離れていきそうで恐いといったような話を聞きます。

 

確かに商品のデメリットって声を大にして言いたいものじゃありませんよね。

 

だって自分のコンプレックスを相手に伝えているようなものですから、

例えば

下半身にコンプレックスがあってそれを

自分は下半身が太いのが特徴なんです。

なんてわざわざ自分でいいたくないですよね。

  

ただ、商品やサービスを販売するときはそれを

言っちゃってください。

 

いいんです。

 

これをする一番のメリットはお客さんからあるものが得られます。

 

さて、なんだと思います?

 

それは、、、

 

”信頼”

 

です

 

実際素敵なサービスだとしても

いいとこばかりプッシュされてもなんか落とし穴があるんじゃないかと

人は疑っちゃうから。

 

ただデメリットを教えてあげると、

この人はちゃんと不利なとこ、商品のダメなことも教えてくれる

お客さん思いで信頼できる人ってなる。

 

仮にそこまで思わなくても

潜在意識レベルでそういう信頼は少なからず得られます。

 

実際ぼくはサービスを提供する際メリットだけでなく、デメリットも伝えます

 

そうすると、お客さんもこの商品のいい部分だけでなく、悪い部分も把握できるので、

その商品をお客さん自身がしっかり把握してると、自信をもち、購入に踏み切りやすくなるんですね。

 

なので、今回はそのことについ音声動画を取ってあるんで、下記をクリックして

聞いてください。

 

5、6分と短い音声になります。

 

どうぞ。

 

www.youtube.com

 

 

話法の名前をわざわざ覚えなくてもいいですよ。

ただ内容を実践できるように参考にしてみてください

 

ではでは、楽しんでくださいー。