読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学を中退した22歳が意識変革で月収55万稼げたブログ

大学を突然中退して、ニートになった僕が営業でトップセールマンになった秘訣やそこで学んだこと 起業家の方々との関わりで学んでることビジネスオーナーに教わってる人生を変える方法や、日々の気づき学びをお伝えしてます

80対20の法則に学ぶ優先順位の威力


どうも、やまとんです。

いつもご愛読ありがとうございます。


おかげさまで
今日も5時半に起きれました。

例の21日間プロジェクト
暖かく見守ってやってください。




では、

今日は80対20の法則と
優先順位についてお話しします。


80対20の法則というのは

結果と原因の割合のことです。


とうぜん結果というのは原因があって
出てくるものなわけですが、

この80対20の法則によると

結果の80%というのは
原因の20%によってもたらされた
ものに
過ぎないということです。

〜〜〜〜〜〜〜〜


どういうことかというと

例えば
営業で結果を出す人のなかで

結果を10段階評価にすると

A.営業時間フルタイム使って10の結果を出す人
B.営業時間の3分の1の時間で10の結果を出す人がいます。

ここから分かることは
Aさんがやってることの中に
無駄なことが沢山あるわけです。

それに対して

Bさんはとても効率がよく
テコの原理のように

1の力で10の結果得ることができます。

ここから分かるのは

重要なことは限られている、
いうことです。


Aさんがより効率的に
少ない時間で結果を出すには

彼がいつも取り組んでいる
数ある問題の中で

とくに重要な問題に集中する


これだけです。



その他沢山ある問題は
結果に結びつかない
彼が勝手に問題としていただけの
無駄なものだったのです。

もしくは自分以外の人間でも
できること。



つまり
問題を選定して
重要な問題にだけ集中することが
できれば

今より短時間で
よりよい成果を出すこと
が、
できるんですね。



そのために
やるべきことに
優先順位をつけましょう。


これによって
重要なことに集中すること
できるので。
 


優先順位をつけるための
基準の作り方については
またお話ししますね。





今日はこのへんでー。


ps.

これが
イメージしやすいですかね
一流はサボるのが上手?